沿 革

日本マース株式会社の歩み

1971年 7月
(昭和46年)
大阪府八尾市にて楕円形を有するシンクネジの製造を目的として設立。
1972年 6月
(昭和47年)
八尾市水越工場を設立し、シンクネジの生産を開始
日本、米国、イギリス、ドイツ、フランス、イタリアにおいて特許取得。
1976年 3月
(昭和51年)
代表取締役に角谷久雄が就任。
八尾市太田新町に本社工場を移転、シンクネジ・一般輸出用ネジの生産開始
1987年 7月
(昭和62年)
コンピューター事業進出の為、東京新宿区神楽坂に東京営業所を設立。
1988年 7月
(昭和63年)
資本金1000万円に変更。
1989年 5月
(平成元年)
八尾市本社工場を倉庫として転換し、本社事務所を大阪市中央区へ移転。
ネジ製造事業を撤退し、コンピューター周辺機器事業を主力へ業態転換。
1991年 7月
(平成3年)
業務拡大の為、台湾工場を設立。
1995年 10月
(平成7年)
営業強化の為に、販売会社・株式会社アクロスを設立。
1999年 2月
(平成11年)
中国蘇州に工場設立。
2007年 1月
(平成19年)
携帯電話需要に伴い、周辺機器・アクセサリーの製造販売事業を開始。